廃車・事故車の買取理由

なぜ廃車・事故車を買取るのか
安易に考えれば、廃車・事故車を買取ることは意味が無い。車は正常に綺麗な状態で走るから価値がある、廃車や事故車を買取ったところでそれに乗りたいと思って購入する人は少ないだろう、いたとしても廃車・事故車は正常な状態ではないわけだから高い金額を出すとは到底思えない。では、廃車や事故車は買取られた後どうなるのだろう。廃車・事故車を買取ってわざわざ綺麗に修理して再び販売するというのはあまりに効率が悪く感じるがそういうことなのだろうか。
廃車・事故車の買取後
廃車でも事故車でも買取れば価値の残る部分がある、廃車・事故車の買取業者はそれを再び利用しているのだ。車全体を価値が出るように修理し直して再び元の持ち主のような相手に売ることはよほど貴重な車でもない限り積極的にやってはいない。廃車・事故車は買取られた後、部品をリサイクルされる。例えば車の後ろ半分が大破してしまっていても、前にある部品は無傷ということもある、廃車・事故車の買取業者はそれを取り出して再び販売し利益を得ている。
色々な利用法
部品と同様に鉄も販売する。鉄は鉄くず業者に売ることができるので、廃車・事故車を買取る業者は鉄くず買取業者と提携していることも珍しくない。また、事故車など走行が可能な車なら海外に販売することもできる。国内では状態が悪すぎると見られる車でも海外に行けば重要があり、むしろ日本車というブランドで喜ばれることもある。廃車・事故車の買取も当然だが利用価値があってのことなのだ。