廃車の種類

自動車を買い替える時、事故車の査定や廃車を買取してもらうことがありますが、ここではそうなる前の廃車の手続きについて説明していきます。

・2種類ある廃車の手続き
買い替えのため乗らなくなった自動車や、壊れてしまった自動車は廃車として登録する必要があります。廃車を登録する手続きには2種類あり、「一時抹消登録」「永久抹消登録」と言い、廃車にする目的が変わってきます。それぞれ、メリットやデメリットがあり、後の各種還付金にも関わってきます。ここでそれぞれの手続方法を紹介したいと思います。

・一時抹消登録
一時抹消登録とは、自動車として公道を走ることはないが保管しておきたいといったときに届け出る手続きのことを言います。また、海外出張や長期の入院など、長期間自動車を利用出来ない場合にもこの手続を行うことが出来ます。再登録することで再び公道を走らせることが出来ます。一時抹消登録をしている間は税金や自賠責保険などを支払う必要が無いため、一時的に使用しないという場合には便利な方法です。さらに、一時抹消登録をしている間に輸出届出の手続きを行うことで、海外への輸出も可能です。

・永久抹消登録
永久抹消登録は、文字通り手続きをした自動車は二度と公道を走ることが出来ません。買い替えで乗ることがなくなった自動車や壊れてしまい解体に出す自動車もこの永久抹消登録をしなければなりません。また、自動車を展示品として再利用する際もこの手続を行います。一時抹消登録と同じく税金を支払う必要がなくなり、車検が1ヶ月以上残っている状態で永久抹消登録の手続きをすると自動車重量税を還付してもう事ができます。