廃車の手続きは色々複雑です

選択肢は3つ
事故にあった車の進路はいくつかあります。1つ目は、修理をして使う、もう1つは、廃車にしてしまうというもの、最後に、事故車を買い取ってくれる業者に売却をするということです。
この中でも一番に思いつくのはおそらく廃車にするということだと思います。しかし、廃車にすると行っても一般ごみのようにゴミ回収ステーションに置いておけば勝手に持って行ってくれるものではなく、自分で色々な手続きを行う必要があります。

いろいろな書類がいります
まず、事故になった車を配車するために様々な書類が必要です。抹消登録申請書、解体証明書、手数料納付書、印鑑証明書と印鑑、それにナンバープレート、車検証に住民票…とこれだけのものを揃えなければいけません。これらを揃えたうえで、陸運局と自動車税深刻事務所で書類を記入、提出してようやく手続きが完了します。

業者任せが一番楽です
そうした手続きを日々の生活の中で行なうのは大変な負担です。次の車の手配などでてんやわんやという方も多いでしょう。そんな時は事故車を買取りしてくれる業者に全て任せてしまうというのも一つの手段です。しかも事故車を売ることによって得ることが出来たお金で次の車のオプションを少し豪華にしてみるなども出来ます。車を運転するというのは、事故の可能性がゼロではありませんので、もし万が一の時のために覚えておくと良いでしょう。