廃車にも価値はある

急な事故と廃車

普段から車やバイクに乗っている方はとても多いです。生活の足であったり、その他仕事の道具であったり、趣味でドライブなどをしたりとそのシチュエーションは様々でしょう。しかし、どれだけ運転に気を付けていても、事故は起こってしまうときは起こってしまうものです。自分が悪い場合もあれば、自分が全く悪くない場合もあります。そんな中で愛車が廃車へと変貌してしまう場合も多いことでしょう。そんなときに考えなければいけないことが、廃車の行方です。廃車を処理してくれる工場もありますが、そこに出してしまうとリサイクル料という形でお金だけ徴収されてしまいます。今まで長く乗ってきた車やバイクが廃車になり、さらにお金まで失うなんて悲しすぎますよね。ですが、気を付けてください。「廃車にも価値があります」。廃車だからといってお金にならないわけではないのです。

廃車の価値

廃車といっても様々ですが、廃車は基本的には「部品取り車」という扱いで買い取られます。どういうことかというと、例えば廃車になってしまった車がメーカーから生産が終了してしまった車だとします。メーカーから生産終了した車は、多くの場合その使われているパーツの生産も合わせて終了していることが多いのです。なので、その車をまだ乗っている別の方に、廃車の中からまだ使えるパーツを取り出して他所へ供給するといった具合です。廃車のパーツはこのように取り扱われます。特に国外のメーカーの車である場合は、パーツを供給しようとするとその国からの輸入になってしまうので時間がかかってしまいます。なので、国内で廃車が出た場合、部品をストックしておいて別で供給するという仕組みがあるのです。

廃車も高値で

もし万が一、その車やバイクがそこそこの値段であったり、希少性が高いものであれば、必然的にそのパーツの価値も上がってくることでしょう。廃車の価値=パーツの価値といっても過言ではありません。そのパーツを欲している人は必ずいます。そういった人たちにパーツを供給するためにも、安易に廃車という形でつぶしてしまうのではなく。一度買取査定に出して、そういった市場に回すという考え方も非常に大事なのです。