廃車から取れるパーツ

まだまだ使えるパーツ類
車が事故などで自走不能になり廃車すると、大きなプレス機でぺしゃんこにしてスクラップというのが一般的な廃車のイメージですが、実は近年、廃車にする車も価値のある者ということで買い取りを行う業者が増えてきました。
その秘密は、廃車についているパーツ類です。

同じ車の部品取り用として
特に古い車に顕著ですが、同型の車のパーツの部品取り用として廃車は重宝されています。例えば、ボンネット部分が大破している車でも、リアバンパーや後部座席のドアなどは全くの無傷ということもゼロでは無いですし、もっと軽微な事故や買い替えのために廃車にされる場合、ボンネットやヘッドライト、運転席のシートなどがそのまま利用可能な場合もあります。すでに生産中止になった車の場合、これらのパーツがなければ修理が難しいことも多いのでこれらの車の需要は比較的高くなっているとも言えるでしょう。

海外輸出用として
日本ではあまり人気のない事故車から復旧させた車。こちらは海外輸出用としても人気が高いです。これも修理で使えるものは実際の乗用車として使われることがありますが、やはりパーツ取り用としての人気が高いです。パーツ取り用であれば車が走行できなくても関係ない上、多少の傷であれば海外では特に木にしないことも多いようです。
いずれにせよ、ただ廃車を漫然と処分してもらうにはもったいないので、まずは廃車買取の専門業者にご相談されることをおすすめいたします。