事故車を修理するのと廃車にするのはどちらが良い?

事故車の修理は色々な方法があります

交通事故は、自損事故にしても相手がいる事故にしても、車が何らかの損傷を負ってしまう事が考えられます。特に大型車との交通事故や、正面衝突、高スピードでの事故は車の損傷も大きくなりがちで、その場で廃車になる場合も多いようです。
しかし、そこまでの損傷で内容に見えても、車というのは意外と大きな損傷を受けていることがあり、車のフレーム矯正が必要になるような場合も少なくありません。
板金修理で済む程度なら良いですが、フレーム矯正となると、色々問題が生じる場合があります。

フレーム矯正の何が問題か

フレーム矯正を行なう車は、いわば車の骨組みが歪んでいます。この状態そのままだと、車はまっすぐ走りません。フレーム矯正を行なうことで、車の骨組みを真っ直ぐにして、ハンドルを真ん中にしておけば真っ直ぐ走るというのが理想なのですが、実際にはこの矯正がうまく行っていない車もあり、ハンドルを取られることも考えられます。
また、フレーム矯正をしても、一度車のボディが歪んだことには変わりないので、次に事故にあった時に同じだけの強度が出るかどうかは不明瞭です。

いっそ売り払う

事故車としてでは誰も買ってくれないから、仕方なく廃車にするか、フレーム矯正して乗り続けるかという選択肢を取る方も多いでしょうが、廃車でも買い取ってくれる業者があることを忘れてはいけません。
もし、ご所有の車の処分について迷っている時は、一度廃車買取の業者にあたってみるのも良いかもしれません。