事故車も査定に出す価値あり

事故車を処分する前に

交通事故によって運転できなくなってしまった車は、ほとんどの人が廃車を考えると思います。しかし、最近では事故車も買取りが可能なんです。
処分を検討している方、諦めるのはまだ早いです!もしかしたら意外といいお値段がつく可能性もあります。

廃車するにもお金がかかる

車を廃車するのにも実はお金がかかるんです。次の3つが必要になります。
1.自動車リサイクル料
2.解体費用
3.抹消登録費用
これらは自動車リサイクル法で義務付けられており、車の所有者が負担することになっています。自分で処理する場合でも業者で処理する場合でも必ず発生します。おおよそのリサイクル料金の相場は、軽自動車で7000円~2万円、普通車で1~3万円程度かかってきます。ですので、少しでも値段がつく可能性があれば、事故車も査定に出してみる価値はあります。

事故車でも買取できる理由

なぜ事故車でも買取ができるのでしょうか?それは、買い取っても利益が出る理由があるからです。車にはさまざまなパーツが使われており、そのパーツは再利用できる物もあります。例えば鉄、アルミ、鉛、亜鉛、その他にもガラスやゴムなども再利用可能なパーツです。これらを再利用目的で売却することで、買取業者も利益を出すことが見込めるため、廃車でも買取が可能というわけです。このように、廃車相当の事故車でも値段がつく理由がある為、すぐに廃車手続きをするのではなく、ダメもとでも買取査定に出してみましょう。