事故車のたどる道

スクラップか、それとも

事故を起こした車のたどる道は2つに1つが殆どです。
再び修理して走るか、スクラップとして廃棄されるか。
しかし、中には第三の道へ進むものがいます。
事故車として査定を受け、事故車として買い取られ、事故車として販売されるのです。
実は、事故車と行っても様々で、中にはボディにちょっとしたヘコミが出ただけでも事故車と言われる場合がありますが、殆どの場合、事故車というのは車体のフレームが曲がって矯正したような、大きな損傷を受けたものを指すことが多いです。

事故車にするか、廃車にするか

もちろん、事故車にするか廃車にするかは人それぞれの判断です。例としては、廃車として査定をするのと、事故車として査定をするのとどっちが良いか。
物珍しい車だったり、部品取り用として廃車の買取をしてもらう場合は、ほぼ鉄くずとしての価格が尽きます。
一方、事故車としてならまだまだ修理を行うことで、自動車として利用することも可能ですので、買取価格が高くなる場合もありますが、それは実際に買い取りを行ってもらうために事故車の買い取り、事故車の査定をして貰う必要があります。

事故車の第二の人生

事故車の買取に寄って買い取られた事故車は、どうなるのでしょうか。
事故車の買取後、修理を受けて国内で販売されるものもありますし、国外へと輸出されるものもあります。国外輸出された事故車は、現地で更に長い間使用されることもあります。