フレームの補修方法

事故車と呼ばれる車は、正式には修復歴車と言われるものです。では、この修復歴車の「修復」というのは一体何を指しているのでしょうか。

事故により、強い衝撃を受けた車には様々な損傷が見られます。修復歴の中には含まれないものの、フロント・リアのバンパーの破損、ドアパネルの破損、テールライト・ヘッドライトの破損など、いろいろな箇所が破損しますが、これらは通常、修復歴の中には含まれません。

修復歴車として認定され、尚且つ下取り査定などに大きな影響をあたえるのは、ボディを構成するフレームの損傷です。
現在の自動車の構造は、溶接された鋼鉄製の骨組みを軸として、座席やエンジンを取り付けている構造です。この構造は、鋼鉄製のカゴのような車体が、万が一の事故の際にも車内の中を守る構造となっています。

そういうわけで、この鋼鉄製のカゴにはいくつかの名前がついていますが、いずれも損傷を受けると、車の構造が大幅に弱くなるため大変重要な部位です。
特に、ボンネット付近やトランクルームの周辺は、追突事故を起こした方も巻き込まれる方も損傷する危険性の高い部分です。
これらの場所に万が一損傷を被ると、後でフレームの補正が必要になります。
油圧ジャッキなどを用いて、車のフレームを元の形状まで引き伸ばしたり、あるいは押し縮めることが出来るのですが、これを行っても、車のボディは当初の状態には戻りません。やはり、若干の歪みが生じていて、ハンドルをまっすぐ切っても左右どちらかにぶれたり、事故の際の耐久性も落ちています。